治験に関するFAQ、沖縄県、与那原中央病院

与那原中央病院臨床試験管理室

良く寄せられる質問(FAQ)

【質問1】 新しい薬を使ったり検査の回数が増えるそうですが医療費の負担はどれくらいですか?


【答】
一般的には診察料(初診料・再診料)は自己負担です。治験薬は製薬会社から提供されるので費用はかかりません。また、治験中の検査代も患者さんのご負担はありません。

【質問2】 治験を勧められたらその場で決めないといけませんか?


【答】
いいえ、内容や説明をご理解いただき、ご自身の意思で参加するかどうかを決めていただけます。納得するまでじっくり考えたり、家に持ち帰ってご家族と相談することもできます。

【質問3】 治験に参加している途中でやめたくなりました。治験をやめても大丈夫でしょうか。


【答】
はい、大丈夫です。いつでも治験を止めることができます。どうぞ担当医師や治験コーディネーターにその旨をお申し出下さい。治験で使われていたものから標準的な薬に変更してあなたの治療を続けます。

【質問4】 副作用の心配はありますか? 


【答】
治験中は通常の治療より検査回数を増やし皆さんに何か普段と違うことが起きていないか細心の注意を払っております。もし治験薬を服用していて「おかしいな」と感じたらすぐに治験担当医師にお知らせください。万が一、副作用が起きてしまった場合には速やかに適切な治療が行われます。

【質問5】 同じ治験に参加している他の人に大きな副作用が出た場合、教えてもらえますか?


【答】
はい、お知らせします。治験中に重大な副作用などが起きた場合には速やかに病院から製薬会社に連絡し、製薬会社から同じ治験を実施している全ての病院に連絡されます。副作用の報告を受けた製薬会社は定められた期限内に厚生労働省に報告し、必要な場合治験の見直しをします。

【質問6】 プライバシーは守られますか?


【答】
治験で得られたデータは学会や医学雑誌などに公表される場合がありますが、患者さんを特定できるような個人情報が公開されることはありません。また、厚生労働省や製薬会社が治験が正しく行われているかカルテをチェックすることがありますが、その場合にも患者さん個人データ(氏名、住所、病歴など)が公表されることは決してありません。