ホームページ内検索      
 
 





HOME> 健康教室> 糖尿病の治療成績
 

2013年度糖尿病患者の動向

 2012年の国民健康・栄養調査結果が公表されました。5年おきの調査で今回の結果では糖尿病が強く疑われる人が約950万人、その可能性が否定できない「糖尿病予備軍」が1100万人であることが推計され、糖尿病および糖尿病予備軍が我が国の男性の27.3%そして女性の21.8%を占めることが明らかになりました。 国際糖尿病連合では2013年の世界の糖尿病人口が3億8200万人にも上ることを発表され、世界の全ての国で糖尿病が増加していること、そして特に発展途上国でその増加が著しいことを示しています。世界保健機構は糖尿病が21世紀の病気であり、その対策の必要性を強調しています。
 さて我が国では2013年5月に日本糖尿病学会が新しい血糖コントロール目標を策定しました。これまでの「優・良・可・不可」の分類をさらに分かりやすいように簡素化して、目標をHbA1cで「6.0%未満」「7.0%未満」「8.0%未満」の3つに分類しています。まず合併症予防の観点から「7%未満」を目標とすることが奨励されています。さらに食事療法や運動療法だけで達成可能な場合や薬物療法中でも低血糖などの副作用がなく達成可能であれば「6%未満」を、逆に低血糖などの副作用や、治療の強化が難しい場合には「8%未満」を目標とするように推奨しています。いづれにしても目標の中心は合併症予防のための目標値7%未満であり、血糖正常化を目指す場合は6%未満が目標となります。
 近年糖尿病の薬物治療が大きく変わってきました。3〜4年前から経口剤ではDPP-4阻害剤が、注射製剤としてはGLP-1製剤という新しい機序の治療薬が出ており、さらに今年はSGLT2阻害剤という作用機序の違う新薬が発売されています。インスリン製剤も作用時間が長く低血糖が少ない製剤が使用されてきています。今後は作用機序の異なる多様な薬の組み合わせで、合併症予防のための目標値の達成度が高まっていくことが期待されます。しかし治療の基本は食事療法と運動療法であることは今後とも変わりません。常に日々の生活を見直して糖尿病の治療に取り組んでいくことが必要です。
 新しい目標値を踏まえて、当院外来で糖尿病の薬物療法中の患者さんの達成度を検討してみました。2014年1月にHbA1cを測定した糖尿病の患者さんは875人です(図1)。経口治療薬の患者さんをみますと、合併症予防の目標値6%および7%未満が合計61%の割合を占めていました(図2)。しかしインスリン療法中の患者さんに限ってみますと、6%未満と7%未満が25%で、そして8%以上は42%とコントロールが不十分の方が大半を占めており、インスリン治療の難しさが浮き彫りにされています(図3)。 今後とも医師や薬剤師、栄養士そして保健師を含めてチーム医療を充実させて、患者さんを中心によりきめ細やかな治療を提供していきたいと考えています。

                          文責:与儀 裕(2014.4)

   
 

   
 

   
 

|  個人情報の取り扱いについて  |  患者相談窓口のご案内  |
〒901-1303   沖縄県島尻郡与那原町字与那原2905   TEL:(098)945-8101   FAX:(098)945-8106
Copyright (C) 与那原中央病院. All Rights Reserved.
< 掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます >
<使用イラストはMPC「医療と健康イラスト集」より転載>