ホームページ内検索      
 
 
 
 




HOME> 人工透析案内 > 施設概要
 
 
施設開設 1994年1月
ベット数 30床
最大収容数 100名

現在患者数
(2013年4月現在)

77名
 

水処理装置

ピュアフロー (JMS)

透析液供給装置

DAB-40E ( 日機装 )

A液溶解装置

TP-AHI-G (TORAY)

B液溶解装置

TP-BHI-G (TORAY)

患者監視装置

GC-110 (JMS)

DCS-100NX (日機装)

TR-3000M(TORAY)

   
 
 
 

治 療 方 法

適   応  疾  患

PE(血漿交換)

劇症肝炎、急性肝不全、その他

CHDF(持続緩除式血液浄化)

急性肺水腫、敗血症、重症感染症

LDL吸着

ASO(閉塞性動脈硬化症)

家族性高コレステロール

LCAP(白血球除去療法)

潰瘍性大腸炎(UC)

関節リュウマチ(RA)

GCAP(顆粒急球除去療法)

潰瘍性大腸炎(UC)

関節リュウマチ(RA)

PMX(エンドトキシン吸着療法)

敗血症

CART(腹水濾過濃縮再静注法)

難治性腹水症

β2ミクログロブリン吸着療法

透析アミロイド症

 
 
 

  当院透析室では患者個々の生活の質(Quolity of life)維持向上に努める事を目標とし、毎月の定期検査から透析効率の指標となるKt/v、食事摂取量の指標となるnPCR、運動量の指標となる%CGR、DWの指標となるPWIの算出及びデータベース化を行っています。これらのデータをもとに患者様個人個人に合った透析を提供すべく、毎月透析条件(ダイアライザー、血流量、DW etc)の見直しを行っています。また、これらのデータを栄養課と共有する事によって、栄養指導にも役立てています。
2011年4月現在の外来患者の平均値はKt/v=1.46nPCR=1.06 %CGR=134.7 TAC BUN=41.9と全ての項目で目標値を達成しています。

 

|  個人情報の取り扱いについて  |  患者相談窓口のご案内  |
〒901-1303   沖縄県島尻郡与那原町字与那原2905   TEL:(098)945-8101   FAX:(098)945-8106
Copyright (C) 与那原中央病院. All Rights Reserved.
< 掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます >
<使用イラストはMPC「医療と健康イラスト集」より転載>