ホームページ内検索      




HOME専門外来 > もの忘れ相談外来
 

「もの忘れ相談外来」を開設しました。
「もしかしたらボケ(認知症)がはじまったのではないか?」と不安に思っておられるご本人やご家族のための外来です。対象者は65歳以上です。

   
 
   

 以前は、痴呆(ボケ)といわれていた言葉が、認知症と呼ばれるようになりました。誰にでも、多少のもの忘れはありますが、認知症は脳の器質的な障害によっておこる病的な状態で、単なるもの忘れとは異なります。原因となる疾患も多数あります。 

     
   
 
   

 認知症と聞くと、治療不能と言うイメージがついてまわります。しかし、この認知症にはさまざまな原因があり、治る認知症もたくさんあります。
また、現段階では治療が困難なアルツハイマー型認知症でも早期に発見すれば進行を遅らせるような薬もあります。
“もの忘れ”を認知症ではないかと、いたずらに不安がったり、治療法がないとあきらめたりせず、是非、ご相談ください。

     
   
 
   

 認知症は本人の自覚がないため、家族や周囲の方の協力が大切です。
次のような症状は、認知症の始まりと考えられます。

      ・ 同じことを何度も言ったり聞いたりするようになった
・ 置忘れやしまい忘れが目立つようになった。または、盗まれたと言う
・ 蛇口やガス栓の締め忘れが目立つようになった(なべ、やかんを焦がすなど)
・ 日課をしなくなった
・ 時間や場所の感覚が不確かになった
・ 衣服の着かたがだらしなくなった
・ ささいなことで怒るようになった
・ 慣れている場所で道に迷うことが多くなった
・ 複雑なテレビドラマが理解できなくなった
・ 薬の管理ができなくなった
・ 夜中に急に起き出して騒ぐことがある
・ 計算の間違いが多くなった
・ 一度に二つのことが憶えられなくなった(頼んでも茶碗と箸を持って来られないなど)
   
 
   

  ▲TOPへ戻る
 

|  個人情報の取り扱いについて  |  患者相談窓口のご案内  |
〒901-1303   沖縄県島尻郡与那原町字与那原2905   TEL:(098)945-8101   FAX:(098)945-8106
Copyright (C) 与那原中央病院. All Rights Reserved.
< 掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます >
<使用イラストはMPC「医療と健康イラスト集」より転載>