ホームページ内検索      




HOME専門外来 > 大腸肛門外来 > ジオン注硬化療法
 
 

 ジオン注による内痔核療法は、結紮切除に匹敵するほどの効果があり、急速に普及しつつある方法である。
ジオン注の有効成分は硫酸アルミニウムカリウムとタンニン酸です。作用は痔核の血流をへらし、硬くして、癒着固定することである。最も大きなメリットは注射後、出血、痛みがないことである。

 



 

 入院期間も短く、ジオン注だけの場合は一泊で退院し、その日から仕事に復帰した。四段階注射法は慣れたらそれほど難しい手技ではない。過去一年間で111例に行ったが、初期の症例で注射による前立腺炎が二例ありましたが、その後は合併症は皆無である
 再発は10%と報告されていますが、当院での再発は三例のみで、二例は再注射しました。残りの一例は保存的に経過を見ている。この方も注射を希望している。注射後の発熱、その他の重篤な肛門狭窄、潰瘍などは経験していない。当院では注射前、注射後の肛門内圧検査を行っているが、変化は認めなかった。

   
  肛門科  仲尾 清
 

|  個人情報の取り扱いについて  |  患者相談窓口のご案内  |
〒901-1303   沖縄県島尻郡与那原町字与那原2905   TEL:(098)945-8101   FAX:(098)945-8106
Copyright (C) 与那原中央病院. All Rights Reserved.
< 掲載の記事・写真・イラストなどの無断複写・転載等を禁じます >
<使用イラストはMPC「医療と健康イラスト集」より転載>